上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.06.19 タイ野菜の種
やっとタイ料理で使う野菜の種が届きました。

yasai_tane_1.jpg

いろいろと調べたら、パックブン=空芯菜(これは有名)ですが、

これには中国種とタイ国種があり、タイ料理だからタイ国種が

なんて思ったら大間違いで、タイ国種は茎が太く、葉が非常に小さく、

炒め物ではなくカレーの具になるそうで、

実際は煮込まないと硬くて食べれない!というのが

本当のところだそうです。

購入した種もCHINESE・・・と書かれている中国種を選びました。

カナー=カイラン菜はケールを先祖とするキャベツの仲間で、

中国南部、東南アジアの亜熱帯~熱帯地方で多く栽培されていて、

中国料理の材料として、中国、東南アジアでは多く消費されているそうです。

味は茎には独特の甘みで、ブロッコリーに似た風味があり、蕾、茎、葉、全て食べられます。

空芯菜はパックブン・ファイデーン、カイラン菜はカナー・ムークローブが食べたいのですが、

ムークローブ(カリカリ豚)はどうやって作るのか?と思い調べました。

①豚がかくれるくらいの量のお湯を沸かし、塩、しょうゆ小さじ2を入れ、豚バラ肉2本を1時間ゆでる。

②ゆでたらキッチンペーパーで水気をかるくとり、しょうゆ小さじ3をふり、なじませる。

③フライパンに多めの油を入れ、豚バラ肉のまわりがカリカリになるまで数分じっくり炒める。

上記らしいのでチャレンジしたいと思います!

その前に・・・種を植えなくては。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
Twitterボタン

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://chippi34.blog85.fc2.com/tb.php/145-f6338b6f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。